高感度ノイズ低減ISO3200編

今回はISO3200での高感度ノイズ低減に関して検証してみます。

最初はお決まりの如く、ISO3200でのNR無しです。
d0122178_20284591.jpg

見て頂くと分かりますが、流石にノイズが沢山です・・・・・(^^;)






次にNRを弱で掛けたものです
d0122178_2031913.jpg

続いてNR標準です
d0122178_2032610.jpg

最後はNR強です
d0122178_2032561.jpg

後一つ、参考にISO200の画像も続けて掲載してみます。
d0122178_20335588.jpg




如何でしょう?
ノイズが目立たないと言えば嘘になりますが、最後に載せたISO200と比較してもNRがオンの場合、極端に使えない画像では無いと言うように思えます。

また、この時点でのシャッタースピードは1/200で殆どの場合、手ぶれ、被写体ブレは防げます。
その辺りを勘案すると、良いのではと・・・(^O^)

また、D50に比較する以前に、D50に於いてはこの感度の設定すら無い状況がD300の優秀さを語っている気がします。
勿論、本当の意味でのフラッグシップのD3にはとても及ばないのは分かってますが、自分レベルの腕では勿体ないくらいのカメラだと再認識です!

このように感度を上げて使用出来る環境が増えると言うことは、それだけ良い写真が撮れる機会も増えると言うことにも繋がり、フラッシュ禁止の場所でも相当アドバンテージが上がりますもんね(^o^)v

しかしながら、こうやって、書く度に思うのは自分の腕の未熟さです(苦笑)
ホント、日々精進(^^;)
頑張らなければ・・・・。

次回、高感度の最後はISO6400の世界です!
[PR]
by mbe350swsp | 2007-11-30 20:51 | 機材
<< 高感度ノイズ低減ISO6400編 高感度ノイズ低減ISO1600編 >>