高感度ノイズ低減ISO1600編

昨日に続いて今回はISO1600でのノイズリダクションの効果を検証してみます。

まずはNR無しの場合です
d0122178_1929370.jpg


流石にISO1600辺りになると高感度ノイズが目立ってきますね・・。






で、NRを作動させてみました。
まずはNR弱
d0122178_19313356.jpg

次にNR標準
d0122178_19321352.jpg

最後にNR強です。
d0122178_19325690.jpg




実際にこのサイズの画像を見る限りでは、NR無し及び弱は少しノイズが気になるのが分かります。
しかしながら、標準より上になるとほぼ問題が無いのではと言う感じです。

D300のデフォルトがNR標準なのは、この辺りからも分かるような気がします。
NRを標準に設定しておけば、ISO1600まではブログレベルでは全く問題なく、大きく紙に出力でもしない限り(ほぼ皆無なので)は、自分は積極的に使おうと思ってます。

ISO1600を使用することにより、シャッタースピードがISO200の1/13から1/100まで早くなるアドバンテージは暗い室内撮りや、人物撮りでは相当メリットが出ますので(^O^)

これだけでもD50に比べると驚きの世界なのですが、次回はもう少しISOをあげた物を掲載予定です(^^;)
[PR]
by mbe350swsp | 2007-11-29 19:44 | 機材
<< 高感度ノイズ低減ISO3200編 高感度ノイズ低減ISO800編 >>