D300とD50の高感度比較

簡易ではありますが今回はD300とD50の高感度を比較してみました。

レンズはニコンのマイクロ60mmを使用、絵の設定は両方ともスタンダードで共にノイズリダクションはオフにしてます。


まずはD300のISO200を。
d0122178_201525.jpg


同じくD50のISO200を。
d0122178_203207.jpg





続いてD300のISO400
d0122178_2043715.jpg


D50のISO400
d0122178_2052385.jpg




今度はD300のISO800
d0122178_206925.jpg


D50のISO800
d0122178_2064961.jpg




最後はD300のISO1600
d0122178_2074568.jpg


D50のISO1600
d0122178_2082319.jpg




次からは参考に見て貰いたいのですが(D50はISO1600までなので)
D300のISO3200
d0122178_2092897.jpg


D300のISO6400
d0122178_20102726.jpg



まず最初に言えるのは発色の違いだと思います。
D300の実際の色に近い表現に対して、D50の方が鮮やかに表現してるように見受けられます。
これに関しては前回書きましたように、今後はピクチャーコントロールを各カメラが搭載することによって、同じ絵をはき出すようになると思います。

高感度で、自分的に差を感じるのは800からだと思います。
D50に比べて、D300の方はブログレベルなら使えるかなと言う印象で、D50の1600は不可、D300は泣き泣き使用可という感じですね。

流石に3200,6400は有ると言うだけの印象で使用は不可でしょう。

後、写真を見てて、気になったのはD300のざらざら感です。
雑誌でも、価格.comでも話題に上ってましたが、実際に撮って見てそれが体感出来ました。
微妙なとこです・・・。

今回仕様を統一するためにD300のノイズリダクションをオフにして撮影しましたが、実はノイズリダクション(標準)がデフォルトなんです。
しかし、かけることに因って有る程度、ざらつきは消える代わりに、解像感等が引き替えになってしまうような・・・。

これは、また改めてテストしてみたいと思います。

しかし、D300、奥が深いカメラです。
色んな事が出来、また最新の技術が搭載されてますが、使ってる本人にこの機能が使いこなせるかどうか・・・(笑)

時間を見て、色々と試してみます。


あっ、そうそう!
画素数上がったので、ネットでもブレに対してシビアになるとは聞いてましたが、確かに思いました。

日々修行です(^^;)
[PR]
by mbe350swsp | 2007-11-25 20:30 | 機材
<< 高感度ノイズ低減ISO800編 ピクチャーコントロール >>