ボケで遊ぶ その4

最終回の今日は、AF Micro 60mm F2.8Dです。

以前にも紹介させて貰ったように接写をメインに撮ることを目的として作られたレンズです。

このレンズ、接写でも緻密に写り、かつ、発色も綺麗で、前回お見せしたように、離れてスナップやポートレートを撮っても綺麗に写るレンズです。

ボケもこのレンズが一番大好きです。
d0122178_2033135.jpg






既出なんですが、こんな風にも撮れますし、
d0122178_205355.jpg



マクロで撮るとこんな感じで、マクロの時のとろけるようなボケが大好きです。
開放f3.3(近接になると開放絞り値が変わります)
d0122178_2073459.jpg


f5.6でこんな感じです。
メインの被写体のピントの合ってる範囲が変わってるのが分かって貰えると思います。
d0122178_20103158.jpg



開放で撮るとピントの合う範囲がシビアで少し身体が前後に動いただけでピント外れたりします・・・・。
d0122178_20121110.jpg



このレンズ、色んな意味で描写の良いレンズだと思ってます。
ブログだと縮小する際に劣化してるんで判りにくいかも知れませんが原画は凄く綺麗です。

しかし、最新の技術を駆使して、ネットも含めて評判の良いマクロレンズがニコンには有ります・・。
トキナーの魚眼と共に欲しいレンズの一つなんですが、少々高いんで・・・。
これなんですが・・・(T_T)
手ぶれ補正付きで描写も折り紙付きなんですがねぇ・・・。
頑張って小遣い貯めよっと!!


4回に分けて続けた、このシリーズのレンズ達の中では、皆さんは、どのレンズのボケがお好きだったでしょう?
多分、お好みは色々あるとは思うんですが・・・(^^)

写真が、もう一つやから優劣付けられないってお叱りを受けそうですが(苦笑)
[PR]
by mbe350swsp | 2007-06-28 20:30 | レンズ
<< 飛翔 ボケで遊ぶ その3 >>